筋力トレーニングを始める前に知っておいて欲しいこと

NEWS

筋力トレーニングを始める前に知っておいて欲しいこと


筋力トレーニングを始めるにあたって、

初心者の方はトレーニングの種目、強度、量、頻度等、どのように設定すればよいか迷うところだと思います。

今回は、筋力トレーニングを開始するにあたって、まずは知っておきたい情報について紹介します。

 

 

▶︎筋力トレーニングを始めるにあたって

これまで筋トレとは全く無縁だった方は、「何をどのようにすればよいのか?」迷いますよね。

もちろん、「筋トレをやろう」と思い立ったのには、

何らかの理由があるはずなので、皆それぞれの目標はあると思います。

目標設定をしたら、今度はその目標を達成するためにどういう手段を取るかが重要になります。

ただ、がむしゃらにウェイトを上げ下げしても身体は変わりません。

エクササイズの種目、強度、量、頻度等の変数を個々の目標に応じて変化させていく必要があります

さらに、トレーニングには5つの原則というものがあり、

この原則に基づいてエクササイズを実施することで、合理的にトレーニングすることが可能になります。

 

 

▶︎トレーニングの5原則について

トレーニングの原則は下記のように「全面性」、「意識性」、「漸新性」「反復性」、「個別性」の5つからなります。

① 全面性:

全面性の原則とは、身体全体のバランスを考慮してトレーニングすることが重要だということです。

例えば、何か一つに特化した偏ったトレーニングを行うと、

身体全体のバランスが崩れ、後々怪我につながる恐れもあるので、

全身をまんべんなくトレーニングすることが必要ということです。

② 意識性:

意識性の原則は、漠然とただトレーニングするのではなく、

現在実施しているトレーニングは目的に見合っているか、強度や頻度は適切かなど、

目的や意義を意識してトレーニングを行うことの重要性について示したものです。

③ 漸進性:

漸進性の原則とは、日常生活で得られる負荷以上の強度を身体に与えなければ身体は発達しないことに

共通する部分がありますが、

体力が向上するにつれて、単にトレーニング負荷を徐々に上げていくことだけでなく、

量、強度、種目、頻度、休息時間、動作速度など特定の変数に変化をもたせることで、

進歩の停滞を防止することを示したものです。これを漸進的過負荷といいます。

④ 反復性の原則:

継続してトレーニングを行うことで、効果が得られるということです。

何事も一朝一夕では達成することはできないのと同じで、

トレーニングも継続して取り組む必要性について示したものです。

⑤ 個別性の原則:

個別性の原則とは、個々の身体能力や特性に応じてトレーニングを行う必要があるということです。

例えば、同じエクササイズでも年齢、性差、身長、体重、四肢の長さ、運動経験等、個々の特性や能力によって

効果に違いが出るため、Aさんには向いているけどBさんには向いていないといったケースが出てきます。

そのため、個々に見合ったプログラムを実施することが重要になるという意味です。

 

 

以上の5原則に則ってトレーニングを実施するのと、

何も考えずにトレーニングするのとでは結果が全く違ってくるので、最初に覚えておきたいですね。