睡眠とダイエットの関係

NEWS

睡眠とダイエットの関係


睡眠とダイエットの関係


睡眠とダイエットの効果

睡眠とダイエットは密接に関係しています。

睡眠の質が低下することで、自律神経が乱れます。自律神経が乱れることによりホルモンバランスに影響が出ます。

ここで重要になるホルモンは「レプチン」と「グレリン」が関係していきます。

 

「レプチン」と「グレリン」

レプチン:脂肪細胞から出るホルモンで、食欲を抑える役割がある。(満腹ホルモン)

グレリン:胃からでるホルモンで食欲を増進する役割がある。(空腹ホルモン)

このような働きがあります。

 

睡眠時間が少なくなることで、レプチン(満腹ホルモン)が減り、グレリン(空腹ホルモン)が増えます。つまり、食べているにも関わらず、満足感が得らえれず食欲が増えるとゆうことになります。

このように睡眠の質が低下することで、食欲がコントレールできなくなり、太る原因となるのです。

まとめ

ダイエットをしたいけど何をしたらいいか分からない、忙しくて運動が出来ない、食事を制限するの厳しいなどの方は、まずは睡眠から気を付けはいかがでしょうか!

睡眠であれば誰もが毎日行っていることなので、意識しやすいと思います。

では、いい睡眠とるにどうすればいいか?ですがそれを知る前に睡眠のメカズムから知る必要があります。

ここで述べると長くなりますので、次回睡眠のメカニズムについて、その次に良い睡眠のとり方をご紹介していきます。

閲覧頂きありがとうございました。

次回は、睡眠のメカニズムについて