筋トレをすると気分が悪くなることないですか?

NEWS

筋トレをすると気分が悪くなることないですか?


みなさんは、筋トレ中や筋トレ後に、
気分が悪くなったり、吐き気やめまいが出たりすることはありませんか?
特に筋トレ初心者の人や運動習慣のない人が急に運動を始めた時などに、こういった症状が起こりやすいのですが、
なぜ筋トレをすると気分が悪くなるのか、その原因が分かれば何も恐れることはありません。

これから筋トレを始めようと思っている人だけでなく、筋トレをすでに行っている人も、
安心して筋トレを行っていただくために、その原因と対処法をお伝えしたいと思います。

気持ち悪くなる原因

まずは、筋トレ中や筋トレ後に気持ち悪くなったり、吐き気やめまいがでたりすることは
誰にでも起こり得ることで、病気ではないという事を頭に入れておいてください。
この気持ち悪さや吐き気、めまいの原因は、筋トレによって筋肉にしっかり刺激を与えると、
本来なら脳や内臓に回される血液が筋肉に優先的にいってしまうことで、
脳や内臓への血流量が減り酸欠になるのが原因です。
これは「運動後低血圧」という症状で、筋トレに限らず、
ランニングやその他のスポーツを行ったときにもなることがあります。

 

運動後低血圧とは?

運動後低血圧についてもう少し詳しく説明すると、運動すると心拍数が増え、
血圧を維持するために十分な血液を送り出し、血管は拡張した状態になります。
運動をやめると徐々に心拍数が減り始めるのですが、
血管は拡張したままの状態になっているため血圧が低下してしまいます。
血圧が急激に下がることで、心臓よりも上にある脳まで血液が行き届かなくなるため、
脳への血流量が減り十分な酸素を供給することができず、脳が酸欠状態になります。
脳が酸欠状態になることで、脳の機能が低下し、
気持ち悪さや吐き気、めまいが起こり、ひどい場合には気を失ってしまうこともあります。
筋トレ初心者の人は、筋トレの負荷に体が慣れていない、
筋トレ中に正しい呼吸法が行えていないことが原因で酸欠状態になりやすく、
そのため気持ちが悪くなるという人がそれなりの確率でいらっしゃいます。

では、筋トレを習慣的に行っている人は気持ち悪くなったりしないのか、と言うとそんなことはありません。
しっかり体を鍛えている人でも、最大筋力を上げるために限界まで追い込んだ高負荷の筋トレを行った時などには、
同じように気持ちが悪くなったりすることもあります。

 

次回、運動後低血圧になることなく筋トレを行うことができる対処法をご紹介していきます。