脂肪燃焼方法!

NEWS

脂肪燃焼方法!


これまでぴったりだった洋服がきつくなったり、
自分の写真を改めて見直したりした時、「最近、ちょっと体がふっくらしてきたな」と気づくことはありませんか?
そんな時は、知らず知らずのうちに、体に脂肪が蓄積してしまったのかもしれません!

では一体、どのように脂肪を減らせば良いのでしょう。
いざ運動を始めるにしても、脂肪を減らす為には脂肪の種類や役割、燃焼のメカニズムについて
正しく理解しておく必要があります。
順にご紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います♪

 

脂肪とは?種類があるって本当?

必要以上の脂肪が体についてしまった状態を、一般に「肥満」と呼びます。
しかし実は、「脂肪」とひとくちに言っても、その種類は大きく2つに分類されます。
それぞれ役割や性格は違いますし、ダイエットでターゲットとなる脂肪の種類もひとによって異なります。
自分についている脂肪は、どのタイプなのか? まずはきちんと知ることが大切です!

 

・皮下脂肪

皮膚のすぐ下にある皮下組織に蓄積する脂肪のことです。
皮下脂肪が増えてくると、お腹周りや太もも、お尻周りがふっくらしてきて、自分でも指でつまむことができます
男性に比べて女性につきやすく、子宮を衝撃や冷えから守ったり、授乳期に栄養を蓄えたりする働きも担っています。

一度つくとなかなか落ちにくいのが特徴ですが、皮膚のすぐ下にあるため、
ボディクリームなどを使ったマッサージで脂肪に刺激を直接与えることも可能です。

 

 

・内臓脂肪

腸間膜(お腹の中で小腸を包みこむ二重の膜)などにつく脂肪のこと。
お腹の深い部分にあるので、皮下脂肪と違って、指でつまむことができません
エネルギーの一時的な保存として使われるため、脂肪がつくスピードも早ければ、落とすのも早いのが特徴です。

メタボリックシンドロームの判定基準にも使われていて、
女性に比べて男性につきやすく、内臓脂肪が増えると腰回りが大きくなってきます。

 

 

次回からは
脂肪燃焼のメカニズムや、より効果的な運動方法・食事についてご紹介していきます。
何も知らず単に運動するよりも、知識を持っている状態で運動するのとでは効果が全然違ってきます。
ぜひ参考にして下さいね!